脳卒中から助かる会 ☆☆

MAIL click!


 

第一回活動報告


 ・3月31日、第一回相談会。声明発表、署名運動開始等を決定。
 ・4月10日頃、署名運動開始。
 ・4月15日、検討会議の運営改善を市長に要望。
 ・4月20日、25日センター長に松岡先生の診療継続を要望。
 ・4月27日、緊急集会。(亀田さんのお話)署名中間集計3,050。
 ・5月 2日、市会議員全員に手紙。
 ・5月 2日、第4回外部検討会議傍聴。
 ・5月11日、松岡先生が弁護とともに横浜市人事委員会に異動の不服申し立て書類を当時までの署名3,895名のコピーを副え提出。 「助かる会」会員7名も同行。
記者会見があり、署名の原簿を積み上げて患者の切実な思いを何人かの会員が訴えました。TVK放映。新聞各紙に掲載されました。
 ・5月12日、外部検討会議を傍聴。リハビリ病院が足りない、看護士がすぐやめる等救急機能廃止に向けての発言がありましたが、 脳卒中学会の篠原理事長から、もうすぐ血栓溶解剤の新薬t-PAの使用が日本で認められるが、 それが使える病院は、・24時間CT,MRIがつかえる・SCUがあること・学会の認定医がいること・
急性期患者の年間100例以上の治療実績があるところという条件がつく見通しとの発言があり、センターの重要性を改めて認識出来ました。 (市で24時間MRI稼働はセンターだけ)
 ・5月18日、センターの医師が減っているので、残った医師の負担が急増し、危険な事態も起きかねないので、市長に緊急の要望を提出。 また11日に市長の記者会見で「センターは医者も来たがらない魅力のない病院」との発言があったことを受け、市長の無責任さを指摘。
 ・5月19日、厚生労働省の医政局総務課の担当官と面談。市民の生命と健康の維持が危険にさらされている旨、伝える。
 ・5月24日、会員の水越さんのご紹介で、市議会副議長鈴木議員の斡旋により、市長に署名5,524名のコピーと亀田さんの市長宛の公開書簡を提出。
  当初は、市長に直接面談し、手渡せるよう副議長がお骨折り下さったのですが、市長に断られました。 代わりに病院経営局の部長に手渡しました。市長は我々には会いたくないとのことも漏れ聞きました。会からは7名が参加。
  患者のそれぞれの思いを伝えました。TVK放映。
 ・6月 1日、市会議員に「緊急の要望」と亀田さんの市会議員宛の手紙を郵送。
 ・6月 1日・2日、東京新聞がセンターの医師が大幅に減った事を報道。
 ・6月 5日、厚生労働省の医療安全推進室に患者や市民の不安を訴え、善処を要望。
 ・6月10日、市会傍聴。
 ・6月13日、大阪の国立循環器病センター峰松一夫先生から代表二人がお話を聞く。
 ・6月17日、外部検討会議に会からの「要請」を提出。
 ・6月22日、厚生労働省が横浜市病院経営局長を呼び、事情聴取をしたことが具体的に判明。
 ・6月24日、外部検討会議傍聴。

6月26日(日)第二回相談会の報告は、こちら をご覧下さい。
 



omo